二代目千代鶴貞秀作 小刀

¥ 25,920 税込

商品コード: 4024

関連カテゴリ

  1. ナイフ・ナタ
  2. ナイフ
数量
二代目千代鶴貞秀こと神吉岩雄さんの作品

小気味よい切れ味と、潔いくらいのシンプルなかたち。
使っている鋼について:明治から大正にかけて、千代鶴初代是貞が好んで使用していた鋼は、
日立の安来鋼ではなくスウェーデンのエドガレン社の鋼だったそうです。
1966年頃に当時の三木の安来鋼の営業所長が青紙一号に似た鋼ができたと千代鶴二代目是貞(初代千代鶴貞秀)のところに持ち込んだ鋼が、
初代が好んだエドガレン社のものに似た感じだったので、
当時出来上がった3000キロもの鋼をすべて買い、その鋼を使った様々な鉋を世に送り出していったのです。
初代貞秀は約30年の間にその殆どの鋼を使ってしまったのですが、
二代目貞秀(神吉岩雄さん)に60歳になった時に使えと500キロ程残してくれたそうです。
その「安来鋼のようで安来鋼でない鋼」、そう、千代鶴三代を繋ぐ鋼、「千代鶴の絆」そのものなのかもしれません。

全長210mm/重さ140g
※手造り品の為、形状が写真と異なる場合もございますのでご了承下さい。

●肥後守はこちら